生理痛が辛い女性のための情報機関

生理前のイライラ、生理後のお腹の痛みは女性にとってとても苦痛なことですよね。毎月の生理痛を和らげるためにも、これから説明することを参考にして毎月の苦痛な生理痛を乗り切りましょう。

何故、生理痛は起こるのか?

女性の体は、毎月妊娠の準備に備えて体内では子宮内膜を形成していきます。しかし、妊娠しないと、この子宮内膜が不要になるため、プロスタグランジンというホルモンの作用で生理をおこします。生理痛が強い方と弱い方と様々ですが、多くの女性にとってはつらい症状の1つであり、この時期に憂鬱になる方も多くいます。生理痛はなぜおこるのでしょうか。生理中のプロスタグランジンというホルモンの分泌量が多いことで生理痛は起こります。プロスタグランジンは、子宮を収縮させ、子宮内膜がはがれる時の出血を体外にスムーズに出す役割を担っています。このプロスタグランジンが多くなると、子宮の収縮運動を過剰にし、痛みにつながるのです。ちなみに陣痛もこのプロスタグランジンによるものです。腹痛だけではなく、他にも腰痛や肩こり、吐き気の原因にもなります。体が冷えやすい方も生理痛が強くなる傾向がありますが、血行不良によりプロスタグランジンが体内の骨盤にとどまりやすくなってしまい、痛みが強くなります。ストレスによってホルモンや自律神経のバランスが乱れやすくなり、血行不良になる方もいます。また、子宮口がせまいことも経血をうまく排出することができず、痛みを引き起こす原因となります。子宮口がせまい10~20代の若い人や出産経験のない女性には生理痛はおこりやすいです。分娩後、生理痛が軽くなったという方もいますが、子宮口が広がったことによるものです。さらに、中には子宮内膜症や子宮筋腫が原因で痛みを引き起こしている場合もあるので、生理痛がひどい方や出血が多い方は婦人科を受診してみたほうがよいでしょう。規則正しい生活と栄養バランスのよい食事をとるように心がけ、生理痛を軽減させるために生活習慣を見直していくことも大切です。

生理痛を改善する簡単な方法

生理痛は人によって症状が違っています。まったく痛みがないという人もいれば、生理痛が酷くて立ち上がることもできないという人もいます。遺伝や体質によって様々です。酷い生理痛を改善する簡単な方法がいくつかあります。まずはお腹を温めることです。体が冷えることで、筋肉が硬直しそれによって、生理痛も増してくるものです。最近では女性用の腹巻きなども販売されていて、生理の時身に着けている人も多いです。特にオフィスワークなどを行っている女性は、体を冷やしやすい傾向にあります。生理が始まる前にしっかりと準備をしておきましょう。更に簡単なストレッチをすることで、痛みを和らげることができます。腰に手をあてて、ゆっくりと時計回りに回しましょう。そうすることで腰回りの筋肉がやわらぎ歪んでいる骨盤も正常な位置に動くので、生理痛が軽くなります。いつもとは少し違う行動を移すことで変わってくるものです。温かいお茶を飲むことも効果的です。とくに生姜湯などは、全身を温める効果があるので、ポカポカと体が温まることで痛みが和らいできます。どうしても改善しないという場合は、市販の鎮痛剤を服用しましょう。近年発売されているお薬は、生理痛に効果のあるものが多く、女性の体に合った成分で作られています。空腹の状態で飲んでも副作用が少なく胃の荒れないお薬も多いです。生理痛が酷いけれど薬を飲むことに抵抗があるという女性もまだ多いですが、昨今発売されているお薬は体に優しいものばかりです。痛みを我慢することで、ストレスになり、余計に痛みが増すようなこともあります。まずは、生理痛を我慢しないことが大切です。痛いと感じるときは休息をしっかり取りましょう。

男性も理解しなければいけない生理痛について

女性ならではの症状、生理痛は男性にはなかなか理解しづらいものです。しかし、女性にとっては妊娠の準備のための一大イベントなのです。生理痛は下腹部痛が主ですが、腰痛や頭痛などの症状をもたらします。他にも全身倦怠感や眠気が強くなるなどの症状もあらわれます。これはホルモンの変化によっておこります。エストロゲンとういうホルモンは、排卵の前にピークを迎え、排卵後に急速に減少しますが、その際に脳にあるセロトニンという物質も減少してしまうのです。セロトニンが減少すると、頭痛がおこるだけではなく、いつもよりも集中力が途切れやすくなったり、感情的になりやすくなります。女性が生理の時機嫌が悪いのは、ホルモンバランスの変化のせいです。機嫌が悪いとどのように接してよいのかわからなくなってしまう方も多いと思いますが、相手に対して怒っているのではないのです。そのような時には、怒ったりせずに優しく話しをききましょう。生理痛を和らげる方法として、身体を温めること、規則正しい生活を送ること、バランスのよい食事をすること、無理のない範囲で運動を続けるなどがあります。しかし、女性自らがこのような対策をとっても、生理痛を100%防ぐことは難しく、男性に理解してもらえないと女性は悲しいものです。そのような時につらい生理痛を女性は男性に理解してもらいたいのです。何をすればよいのかわからない男性が多くいるかと思います。男性ができることとしては、腹部に負担をかけないように重い物などをかわりにもったり、女性の体が冷えないように保温に留意したり、体調を考慮し遠出の外出を控えたりするだけでも、女性にとってはその気遣いを嬉しく思います。普段どおりに接することが一番ですが、その中でほんの少しの気遣いをするだけも違います。女性の気持ちに寄り添おうという気持ちが大切なのです。
■生理痛の痛みを軽減するには避妊薬も有効
避妊薬の通販
生理痛緩和してくれるお薬はこちら
■もう飲み方を知っているなら
ピルは通販で購入が可能